スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

位置変更

昨日付けたLife WINKですが、説明書通りバッテリーの上に貼り付けるとボンネット開けないと見えないんですよね。

せっかくだからもっと簡単に見たいので・・・





続きを読む

スポンサーサイト

Life WINK

1年ほど前にアコードのバッテリーがお亡くなりになって、試しに再生バッテリーに交換してみたんだけど、春くらいから少しACCの状態でTV見ただけであがるようになった。
こりゃだめだなー冬前に交換しないと・・・と思って騙し騙しつかってたんだけど、今日5分くらいACCの状態にしただけであがってしまった。

もうだめだ替えよう!とホーマックに行って(町内でバッテリーが買える量販店はホーマックかイエローハットくらいなのです)安いのでいいかなーどうしようかなーと悩んでいたら、Life WINK本体が置いてあったので、試しに使って見ようと思い、売っていた中で一番安いLife WINK対応バッテリーと一緒に買いました。





2632609_627074357_92large.jpg

対応している新品バッテリーと一緒に車両に取り付ける事でバッテリーの状態や交換時期などを高精度判定してくてるみたいです。(詳しくは→http://panasonic.jp/car/battery/lifewink/index.html

当たり前ですが取り付けたばかりですので始動性能はレベル5です^^;

車検

車検を受けに行っていってきました。

立会い車検なので、終わるまで待っているわけですが、30分ほど経った時に呼ばれて見に行ってみると・・・





2009062816360001.jpg

クラッチフルードが漏れてる(;゚Д゚)

クラッチペダルの付け根、クラッチマスターシリンダーからロッドが出て来る部分で、
ダダ漏れと言うわけではなくて、じわーりとほんとちょっとずつ滲んできてる感じ。
シールが劣化してるのでしょう。

入院を勧められましたが、「自分でやるので」と言う事で部品だけお願いしてきました。
他には問題は無く車検はなんとか終了。

ついでだからステンメッシュクラッチラインにしようかな・・・

リザーバータンクの油量はMINギリギリだったので、とりあえずブレーキのリザーバータンクから少し分けてもらいました。

にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 犬ブログへ
       ↑ ポチッとな ↑

ミラーヒーター

前乗ってたジェミニはミラーヒーターが標準装備で、結構重宝していましたが、今のクルマには付いていません。
6代目アコードにはミラーヒーターの設定自体が無いので、一から加工するしかありません。

ワゴンRにも付いてるのに・・・と思い、気が向いたので付けてみる事にしました。




続きを読む

無理矢理メーター復活

VTECソレノイドバルブ作動表示灯製作時に、「CMX-100が有るから抜いても位置合わせできるしいいや~」となんの躊躇も無くタコメーターの針を抜いてバラしましたが、元に戻したら昔のCGTVのオープニングばりに動きがカクカクしてしまいました。ぐぐってみたら必ずそうなるから抜いてはいけないようで、知らずにやってしまってメーター交換した人もいるようです。

なんとかならんかな~と試行錯誤していると、ある事に気付きました。

メーターを下向きにするとちゃんと動く・・・

どうやら、針を差し込んだ後軽く引っ張るとちょっとだけ浮き上がったところで引っかかって止まる位置があり、その位置だと正常に動くようです。

ですが普通の向きだと浮かせても針の自重で下に下がってしまいます。

そこで・・・




DSCN0964.jpg

軸に輪ゴムを巻いて縛ります。





DSCN0965.jpg

その状態で針をメーターに差し込みます。ゆっくり慎重に奥まで差し込みます。
軸に巻いた輪ゴムはコイルの入り口で引っかかって止まり、針から手を離すとゴムの力で少し浮き上がります。

この状態だとゴムがコイルの入り口に押し付ける力で針がまともに動かないので、針の根元を細いマイナスドライバーなどでこじってちょっとだけ針を抜いてみて、その状態で車両に取り付けてアイドリング状態で針を指で上下に動かしてみて元の位置にスパッと戻ってくれればOKです。

社外メーターと回転数を比べてみてずれているようなら、針を抜いて位置を調整して最初からやり直します。

うちのはこれでなんとか元の動きに戻りました。




にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 犬ブログへ
       ↑ ポチッとな ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。