スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マロンが死んだ

DVC00035.jpg

今朝、お義母さんから「マロンが死んじゃったよ」と電話が来た。
すぐ嫁と一緒に行った。まだ温かかった。目を見たら泣いていた。
まだ9歳だった。

DVC00002.jpg

マロンは生まれてすぐ捨てられていたのを、嫁さんの弟が拾ってきた犬。
義弟は大学生で今東京に住んでいます。みんなの呼びかけに反応しなくなっても、義弟の電話の声にだけは耳をピクピクさせて反応していました。今そばにいてあげられないのを悔やんでいました。





DVC00026.jpg

4ヶ月くらい前に体調が悪くなった。病院に連れて行ったら「肝臓が悪いようだ」と言われたようで、食事療法と投薬で治療を続けていたけど、一向に良くならないので違う病院に連れて行って、白血病だったことがわかった。犬の白血病はめずらしいそうです。
しばらくは通院して点滴と注射をしてもらい、調子が良くなったり悪くなったりの繰り返しでした。

1ヶ月くらい前からずっと調子が悪いままで、家で点滴をすることになった。
3日くらい前に自力で立つこともできなくなり、病院に連れて行って「もう治療は止めましょう」という話になったみたい。

それからは夜寝るとき以外はずっと誰かがそばについていた。

マロンは病院が好きだったようで、病院に行くと何故か喜んでいて、注射や点滴もおとなしく受けていた。
先生は「治療は動物にとっていやな事するから嫌われるんだけど、治療して動物に喜ばれたのは初めてだ」と笑っていた。





DVC00016.jpg

じゃあね、マロン。
嫌いな薬無理に飲ませたりして辛い思いさせてごめんね。
いつもうちのチビッコ達の心配してくれてありがとう。




スポンサーサイト

コメント

あう・・・虹の橋を渡っちゃったのね。。。
でも今は虹の橋で元気に走りまわってると思うよ。
ごじに会ってるかも?

マロンは捨てられている子猫を見て、心配して拾ってこようとする犬だったので、虹の橋でごじに出会っていたらきっと仲良くやっていると思いますv-410
非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。