スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーキマスターシリンダーO/H

初挑戦です。


SA3A0037.jpg


まずマスターシリンダー脱着の邪魔になるタワーバーとエアクリを外します





SA3A0038.jpg


リザーバータンク内のフルードを抜きます。
今回は注射器であったのでそれで抜きました。

配管をフレアナットレンチで外して、マスターパックとはナット2箇所で止まっているので外すとシリンダーが外れます。配管を外す時は配管やシリンダー内に残っているフルードが出てくるので下にウェスなどを当てて垂れないようにすると良いと思います。






SA3A0039.jpg


ピストンはCリングで固定されてるのでスナップリングプライヤーでCリングを外すとセカンダリピストンを取り出せます。






SA3A0042.jpg


このマスターシリンダーのプライマリピストンはピンで押さえられていますでこのままでは出てきません。
リザーバータンクを外して上から見ると上の写真のようにプライマリピストン側にピンが入っているのでこれを抜くとピストンを取り出せます。
ピンは逆さにしてトントンやれば出てきます。





SA3A0040.jpg


これがそのピンです。




SA3A0044.jpg


プライマリピストン。長穴の部分にピンが入って穴の範囲内でしか動かないようになっていました

あとは各パーツを洗浄して、新しいピストンのゴム等にキット付属の赤いグリスを塗って元通りに組み付けます。









SA3A0047.jpg


なんていう名前なのかわかりませんが、マスターパックとマスターシリンダーの接続部にあるゴムもキットに入っていたので交換します。






SA3A0046.jpg


左が新品。外した方を見ると白いグリスが塗られているようなので、キット付属の白いグリスはここに塗るようです。グリスを塗って取り付け、マスターシリンダーを取り付けてこっちは終了。キャリパーO/Hに続きます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。