スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイドブレーキワイヤー交換

SA3A0052.jpg


まずサイドブレーキレバー周りの内装を外して社内側のワイヤーを露出させておきます。





SA3A0054.jpg


あとはキャリパー側のワイヤーを外して





SA3A0055.jpg


この車の場合は上の写真の部分と、あと車内引込み部付近の片側計2箇所ずつステーで固定されているので外して、レバー側のワイヤーを外して車内引込み部のゴムブッシュを外して社外側へ引っ張れば外れます。

後は逆の手順で新しいワイヤーを付ければおk

交換してサイドブレーキを引いてみると・・・あれ前と変わってないぞ?

しばらく考えた末、自動調整があるのを忘れてました。

リアのピストンを戻します。
レバー側の調整ネジは、新品ワイヤーなのでワイヤー軽く引っ張られる程度にしておきます。
ブレーキペダルを何回か踏んで、ピストンをパッドに当たらせます。
あとはレバー側の調整ネジをブレーキが引きずらない程度に締めて引き代を調整すればおk

・・・あれ?これってもともとこの自動調整が上手くいってなかったから効いてなかっただけで、もしかしたらワイヤー交換しなくても直ったのかも・・・まあいいか。

走行中に引いたらロックするくらい効くようになりました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。